Landscape Travels 風景画像

企業間取引

平成9年、容器包装リサイクル法によりPETボトルのリサイクルが義務づけられました。

その後、ペットボトル減容機が注目を浴びています。理由は回収義務があるため回収しますが、ペットボトルを転売すまでの間、回収場所の確保が必要な点です。

減容には、機械的に圧縮する方法と溶かして固める方法があります。選択は、回収の気楽さをとるか、場所をとるかです。圧縮方式は、1/10程度の減容が可能です。

効果は大きくないですが、異物が多少混入しても問題ありません。もう一つは、溶かす方法です。1/15程度まで圧縮できるのが特徴です。

ただ難点として、固める時に金属の混入を避ける必要がある点です。分別がうまくいっている地域では向いている減容機です。

link

おすすめ

favorite

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3